検索

おしゃれな人に贈りたいプレゼント 通販で人気のインテリアギフト

誕生日や記念日などのお祝いやちょっとしたギフトまで、贈り物として人気なのが、インテリアです。
おしゃれな人は「どのように使うか」ということを考えるのが好きな傾向があるので、繊細で美しい、あるいは個性的なインテリアは、喜ばれるでしょう。
おしゃれな人へのプレゼント選びに迷っているなら、この記事を参考にしてみてください。

インテリアのプレゼントがおすすめの理由

ライフスタイルを充実させ、日々のあらゆる作業の生産性を向上させるために最も重要なのは、リラックスできるスペースと休憩できる空間と言われています。リラックスして仕事ができるスペースがあれば、仕事の生産性が向上すると考えられているのです。真に休憩できる空間には、便利なだけではない、見た目も洗練されたインテリアが必要です。このようなシンプルな変化は、普段のライフスタイルはもちろんのこと、リモートワークをこなす人々にもポジティブな効果をもたらします。美しくデザインされたインテリアは、癒しを与え、あらゆる日常的な作業でのモチベーションを上げるのに役立つでしょう。

デスクから離れて仕事をしたり、リラックスしたりできるスペース、そしてその場で視界に入るインテリアは、疲れやストレスを和らげてくれるのです。また、心安らぐ花やインテリアがなければ、人はコミュニケーションをしたり、次の仕事に取りかかる前に「充電」したりすることが難しくなります。生産性や創造性を向上させるために、美しいインテリアを普段のライフスタイルに取り入れたいところです。

テクノロジーの進化、モバイルワーク、より柔軟な労働時間、クリエイティブなオフィスデザインの影響もあり、人々より機敏なスペースを求めるようになっています。フォーマルなワークスペースからよりおしゃれで過ごしやすいスペースへのシフトは当たり前のことになりつつあります。充実した生産的なライフスタイルを実現するための工夫には、大きく分けて二つのものが整備されている必要があります。一つは、より良いテクノロジーです。コンセントやWi-Fiの高速化といった基本的なものから、ワイヤレス充電、快適なソフトウェアやスクリーンタブレットなど、ハードウェアへのアクセスなど、さまざまなものが考えられます。

そしてもう一つは、人が過ごしやすい、真にリラックスできる癒しの空間です。休憩スペースをはじめ、集中力やプライバシーの必要な仕事(電話をかけるなど)のための静かなスペースが必要なのです。また、多くの人がそのような自分のスペースをカスタマイズできることを望んでいます。たとえば、美しい花や絵画、ナチュラルな植物、個性的なトレイなどを使って、日常を快適に過ごしたいと思っているのです。家や部屋はプレゼントするわけにはいかないので、そのような空間を一層引き立て、格上げしてくれるようなセンスあるインテリアをプレゼントするのが良いでしょう。

衣類などをプレゼントしようとした場合、サイズにはかなり気を配る必要があります。贈る相手がダイエットに励んでいるような場合、一度着たら二度と着られないような大きさのものを贈ることになるかもしれません。同様に、贈る相手が女性で妊娠している場合、出産するまでプレゼントを活用することはできないでしょう。さらに、もしかしたら、相手は洋服を贈られるのは気が引けるかもしれませんし、もっとセンチメンタルなものを望んでいるかもしれません。このような場合は、インテリアをプレゼントするのがおすすめです。インテリアのギフトであれば、衣類のようにサイズを気にする必要はありません。素材や色にこだわった個性的なフラワーベースなど、デザイナーが手がけた上質な一品を選びましょう。

欲しいものと必要なもの

インテリアのプレゼントを選ぶには、まず相手のライフスタイルを知る必要があります。贈る相手が日常的にどのような物に囲まれて生活しているのか、あるいはどのような物を好み、欲しいと思っているのか、少しリサーチしてみましょう。会話の中で相手にさりげなく尋ねたり(プレゼントしようとしていることを気づかれないように)、あるいは、その人について情報を知っていそうな別の友人や家族に聞いてみたりするのもよいです。ナチュラルな素材のシンプルなものが好きなのか、それともスタイリッシュで現代的な雰囲気のものが好きなのかで、贈るのにふさわしいインテリアの色や素材、形などが見えてくるでしょう。

贈る相手の好きな雰囲気をリサーチし、その人の好きな色や素材について考えたところで、その人がどんなものを好んでいるのかがわかってきます。しかし、もしかしたら、その人は好きなもの以上に、潜在的にもっと必要としているインテリアがあるかもしれません。たとえば、お気に入りのフラワーベースをふいに割ってしまったり、あるいは、本が増えて収納スペースがなくなってしまい、本をおしゃれに飾りたいと思っているところかもしれません。時には、単に好きなものよりも、必要としているインテリアをプレゼントしたほうが良い場合もあるので、覚えておきましょう。

繊細で美しい、個性的なインテリアがおすすめ

花は部屋を明るくしてくれますが、そのためにはフラワーベース(花瓶)が必要です。近所の花屋やスーパーで買った花は、どのようなフラワーベースに生けるかによって、かなり印象が変わってくるものです。フラワーベースの色は、贈る相手の好みにもよりますが、白やオフホワイト、クリアなものなら、部屋に馴染みやすく、どのような花や植物であってもその美しさを引き立ててくれます。

フラワーベースを贈る場合は、一輪挿しがおすすめです。一輪挿しは場所を取らないので、洗面所やトイレなど、どこでも置くことができます。背の高い花や枝物のグリーンは、茎や枝をリングに通すことができれば、浅いグラスでも簡単に生けることができます。アクセサリーやメガネなどを引っ掛けられるものや、マグネットを使って花と一緒にメッセージカードや写真を飾れるものなど“花瓶”の概念にとらわれないフラワーベースを選ぶとよいでしょう。また、スタンドや天井のフックにかけたり、カーテンレールなどに吊り下げたりできるタイプも人気です。

変わったところでは、円筒形の丸いパイプをくり抜いたようなフラワーベースがあります。フレーム飾りがあれば、フォトフレームのように、誰でもバランスよく花を生けたり、アレンジメントしたりすることができます。折り紙のように、一枚の鉄板を溶接せずに折って作るスチールグッズも現代的でおしゃれです。紙のような軽やかさや繊細さを表現した、幾何学的なモチーフのデザインなどは、アートそのものです。これらのインテリアアイテムは、単品で飾っても、数種類のデザインを並べて飾っても、存在感のあるオブジェとして空間を引き立ててくれるはずです。

動きのあるリズミカルなデザイン、一般的な花器よりもミニマルなサイズ感、デスクやキッチンに置いても違和感のない省スペース性など、スタイリッシュさと実用性を兼ね備えたインテリアが理想的です。また、フラワーベースとして使わないときは、置く向きを変えることでオブジェとしても楽しめるデザインも喜ばれるでしょう。花をモチーフにした皿型の小物入れは、身の回りの小物を整理するのに便利で、普段使いの時計やアクセサリーを入れるだけで、オフィスの無機質なデスク周りを華やかに彩ることができます。立体的な陰影が美しい容器は、インテリアのアクセントとして壁に掛けたり、置いておくだけで日中のディスプレイにもなります。トレイの長さがあれば、背の高いドライフラワーを載せて飾っても美しいです。

本をさまざまな向きで置けるブックスタンドも良いでしょう。本の背を上にして置いたり、横向きに置いたり、本を寝かせて平積みしたりと、本の向きに関係なく自由に整理できると便利です。また、読みかけの本をスタンドに引っ掛けてしおりにしたり、整理しにくい封書をスリッドに差し込んで1冊ずつ整理したりするのにも向いています。新築祝いに予算があれば、水盤を飾るスタンドもおすすめです。天板は厚みのある天然木の板で、汚れや湿気に強い塗装仕上げにすると、気の利いた演出になります。また、玄関や店舗のエントランスに設置すれば、モダンな消毒・検温コーナーのスタンドとしても使えるでしょう。

楽しく、意味のある贈り物を

最初は戸惑うかもしれませんが、インテリアをプレゼントすることは、やり方さえ分かれば難しいことではありません。楽しくて、クリエイティブで、役に立つ、意味のある贈り物ができるチャンスです。相手がプレゼントを開けて、他では手に入らないようなおしゃれなインテリアであったときの喜びは、何物にも代えがたいものです。

デフトのサービス -deft shop service-

2022年11月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2022年12月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

※赤色の日は休業日のため、ご注文は可能ですが、発送作業は翌営業日以降の対応となります。